【インド旅行】ゴールデンシティ、ジャイサルメール!

インド旅行
スポンサーリンク

今回の旅程

旅程は下記

12/22 出発
12/22  ジョードプル泊
12/23  ジャイサルメール移動/砂漠泊←ここ
12/24 ジャイサルメール泊
12/25  デリー泊

今回はその第二弾でジャイサルメールです!

ゴールデンシティ、ジャイサルメール!

というわけで、
前日はジョードプルに宿泊していたわけですが、
翌朝ジャイサルメールに移動。
ジャイサルメールはゴールデンシティとよばれる街、
ジョードプルが青の街と呼ばれるのとは対照的に、
砂、土の感じを全面に出した街です。

人口は大体6万人で西側100Kmにはパキスタンとの国境があります。
1年くらい前まではジャイサルメールには民間利用の空港はなかったのですが、
軍用の空港が転用されデリーから利用できるようになりました。
フライトは1日1往復です。

配車スタートアップのSavaariで移動! from ジョードプル

今回、ジョードプル→ジャイサルメールはSavaariという
配車アプリを使用して移動しました。

Savaari - Car Rentals

時間は4時間半くらい、
料金は大体6,000ルピー(日本円で1万円くらい)です。
実はここの移動に関しては、
300ルピーくらいで乗り合いバスがジョードプルから出ているようでして、

ジャイサルメールで知り合った日本人の方は
大体このバスで移動していました。
たしかバスだと6時間くらいと言っていたと思います。

このSavaariですが、
サイトの仕様上、往復での配車の手配が必要となりますが、
片道で使用できます。
今回は帰路はジャイサルメール→デリーは飛行機で帰るこにしていたため、
片道の使用にしました。(往復分の料金は取られます)

Savvariは数回使用していますが、ドライバーの質も良いですし、おすすめです!

ジャイサルメール初日はキャメルツアー!

というわけで、ジャイサルメールは今回2泊したのですが、
一泊目は砂漠ツアーでの宿泊、二泊目はホテルでの宿泊ということにしました。
ジャイサルメールはラジャスタン州の街で、砂漠が有名な街。

といわけで、砂漠で星を見るようなツアーもたくさんあるわけです。
今回ツアーの手配をお願いしたのはこの東京パレスさんです。

ここはホテルもやっていますが、生憎満室で泊まれませんでした。
ただ日本人スタッフもいて、レスポンスも早く、素晴らしいです。

砂漠ツアーはPlan A/B/Cあるのですが今回はPlan Cを選びました。3,200ルピーです。

このプランの違いは砂漠ツアーの後、砂漠の上でテントを張って寝るか、
それともちょっとリゾートチックな簡易施設でとまるか?というのが大きな違いです。
今回はちょっとリゾートチックなPlanC(ちょっとだけ料金高い)を選びましたが、
綺麗な星空をみたいという方は、砂漠の上にテントを張る方のツアーをお勧めします!
(実際、東京パレスのスタッフの方も料金の安いテントで宿泊するツアーをお勧めしてきます。)

キャメルサファリスタート!

ということで、キャメルサファリスタートで、15時に東京パレス出発。
遅めの時間じゃないと暑くて砂漠で死んじゃうんです。
(夜は夜で寒くて死にそうになるので注意。)

ラクダってあまり乗る機会無いと思いますが、結構たかいんですよね。
結構怖いです笑

可愛い。


で、このキャメルに乗って1-2時間、
夕日スポットまでこのラクダで移動します。
ラクダって可愛いですよね。
こんなに従順で、こんなに働き者で、文句も言わないで。好き。

で、夕日です!
(あまり嫁は夕日に興味ないようですが、、)良いです、黄昏です。

砂漠


で、そのあとはPlanAの人と別れてジープに乗って、宿泊施設へ。
宿泊施設はインド人が余暇に来るようなスペースでした。

正直全然砂漠感はないので(笑)、
元気のある方は砂漠でのテント泊をお勧めします!
が、冬場はベストシーズンと言われてますが、結構寒いので防寒具忘れずに!
(そして夏場は暑すぎて、死にます!)

今回泊まった場所はこんな感じ、一応砂漠地帯の中にあります。
道沿いに多くの似たような施設がありました。

部屋にはベッドもあるし、充電もあるし、シャワーもトイレもある!
ただ暖房がなく寒かったので、シャワーは入りませんでしたが。。

このリゾート的なところでは、

ラジャスタン地方の伝統的な余興が催されたりしてます。
ちょっと正直、うまいのかわからないダンスとかされたりしますが、
まわりのインド人がよろこんでいるのを見ると、インド人的には楽しいんだと思います。

夜も朝もご飯出ますが、ゴリゴリのインド料理が出てくるのでお気をつけください笑

しかし、インド人の日常ですが爆音を流していて、夜うるさいのなんのって。
快眠を求める方は、ツアーの日帰りを選択するのもアリです笑

翌日、ジャイサルメール城!

で、夜があけ、ジャイサルメールの街に戻ります。
ラクダで2時間半くらい移動し、

車のピックアップポイントまで戻ります。
クリスマスシーズン、異常に寒かったので、こちらも注意必要です。

で、東京パレスにもどり、今度はジャイサルメール城へ移動!
東京パレスはジャイサルメール城のすぐそばにあり、オートで10分弱の距離。
スタッフに頼めばオートの交渉までやってくれます!

ジャイサルメール城はこんな感じ。

これでも城の一部

門構えからしてかなり立派。

ジョードプルの城もとても良いと思いましたが、
ジャイサルメールのお城を見てこっちの方が
正直全然いい!と思いました。

特に個人的に良かったと思うポイントは、
ジャイサルメール城は暮らしとお城がリンクしている、ということ。
というのもジャイサルメール城の中にお店や民家があったりして、
勿論当時とは異なる使用のされ方になっているとは思うのですが、
建物がお飾りではなくて、生きている感じが伝わってくるんです。
たとえば姫路城内に民家があったらびっくりすると思います。そんな感じです。

これは暮らしではないけど、いいおじさん
お面


夕方のお城。渋い。

そのあと、一旦お城を見て、ハベリへ移動。
ハベリとはかつて豪商が使用していたお屋敷のことですが、
ジャイサルメール城の周りに有名なハベリが二つあって、
特にPatwan ki Haveriは圧巻です。
保存状態も良く、とても美しいです。
お城から徒歩10分くらい!

精巧

またここに行くまでのハベリへの道もなかなか素敵で、
金色(土色?)の綺麗な建造物が並んでいたりするような土地を通っていきます。

で、このジャイサルメール内のホテルが最高だった!

ジャイサルメール城の特色として、
城の中にあるホテルにとまることができるというのが、
あげられると思います。

今回とまったのはこのホテル。

キラ バワン
ゴールデンフォートの中に位置するKilla Bhawanは全&#x9...

ちょっとクリスマスシーズンだったという事もあり、
若干お高くなってしまいましたが、
とても綺麗で雰囲気のあるホテルでした。

ホテルスタッフもとても親切で気が利きます。
どうしてデリーだとこういかないのかな。。
というのが不思議で溜まりません。

ただ、この地域年間降水量が150mm以下とすさまじい状態の為か
水の出がよろしくないです。
なのでシャワーを出すほどの水圧がなく、
結局自分でかがんで蛇口で頭を洗ったりしました笑
ただ、お湯はでますので大丈夫

帰デリー Spice Jet

このジャイサルメールは
olaもuberもあまり使われていないようで
ホテルスタッフに効いても知らん顔でした。
おとなしくホテルのスタッフに空港までのタクシーを手配してもらうことを強くお勧めします。
で、デリーに帰りました。Spice jet。ミニスカjetです。

まとめ

・ジョードプル/ジャイサルメールも控えめにいって最高だった。
・特にジャイサルメール城が一番のお気に入り
・インド人がデリーのインド人とちがってみんな優しそうだった。
・寒さ/暑さには注意。とりあえず、12月末は寒くて砂漠ツアーは防寒具マスト。

というわけで、ジャイサルメールはとてもおすすめ。
どうでしょう?
インド旅行検討されている方、
タージマハル+1としてジャイサルメールへ訪問されてはいかがでしょう??

コメント