【2019年8月末】資産運用報告♪

投資・資産運用
スポンサーリンク

久しぶりのブログですが

もはやブログの書き方すらもよく覚えていないのですが、
必死に思い出しながら書いてみむとします。

金融庁の2000万円レポートなんぞもありましたが、
我が家も資産運用を本気で考え始めたところ。

基本的に飽き性な僕はインデックス投資一択
長期保有目的で日々の株価の変動を気にする必要がないのが非常に良い点。
多分個別株とかやってたら株価の乱高下で仕事は手につかない。。。。笑

嫁にも積立NISAの口座を開設させ夫婦で積立中。

月々の投資金額

戦略にはインデックスの投信を定期的に同額購入し続ける方法を選択
証券会社のサイトからだと定期的にいくら自動で購入する、というのが選択できるので非常に楽です。

もう何も気にしていないので、株持ち始めたら世界の景気に興味持つかな、、、
とか思ったけど何も興味も生まれず笑
ただ淡々と株を買います日々です

月々の購入金額はざっくり下記の通り、
夫: 積立NISA 33,333円
NISA以外 40,000円
401K 8,000円

そうすると計80,000円程度の積立をしているわけですな。

投信の振り分け先は全世界株式:米国株式:日本株式(TOPIX)=4:1:3

日本株はもっと減らしてもいいかなぁと思いつつも、
妻の投資の金額を考えてこの数量で維持。
基本的には何も考えずに全世界株式に全額突っ込むのがいいのでは?と思ってもいます。

で、妻(夫の傀儡)は
  積立NISA:33,333円
  401K:27,500円
約60,000円。で、これほとんど全世界株式に突っ込んでいる状態。

こう見ると我が家では月14万程度のお金を株式へ替えていて、
その配分は海外株式:日本株=3:1みたいな感じですね

ちなみに投信の選択基準は全て手数料の低さ。
手数料年間0.2%以下じゃないとほっておく気になりません。。。笑

ちなみにこれ年間168万円=14万×12か月で、
元本10年積立、年利5%で運用すると10年後には2,000万円を超えているようです。

積立計算(複利毎課税)
定額積立の元利合計と利息の表を計算しグラフ表示します。複利計算毎に課税されます。

というわけでの結果報告

正直、このタイミング含み損一杯です。
どの投信も3-5%のマイナス。ですが、長期保有関係なし。のんびり行きましょう。

いやーていうか、妻の会社の401Kが手厚すぎる。こんなものなのでしょうか??

ちなみに私はインデックス投資を下記で知りました。ぜひぜひ。とてもいい本です。

コメント