投資家気取りになってきました。

投資・資産運用
スポンサーリンク

インデックス一本槍から高配当株をポートフォリオに組み込む戦略に

前回の更新が2019/9末。あれから相場もいろいろありました。
何と言っても大きな影響はコロナです。
コロナで資産が激減、前回含み益だわーい、
とか言っていたのが恥ずかしいです笑

当時はインデックス投資万歳、
お金は寝かして増やす論者だったのですが
インデックス投資はあくまでもパッシブな運用

もちろん間違いではないし、
今後も続けていくつもりなのですが、
毎月定額で積み立てて、最終的にいくらになります、
という世界の話に過ぎず、
インド赴任後のだぶつくキャッシュを効率的に投資に回すことを考えると
どうしても無駄が出てしまうということに気づきました。

そんな中、
Twitterで出会ったのが米国高配当銘柄です。特にバフェット太郎さんのばかでも稼げる高配当株式はとても新鮮でした。
ざっくり言えば米国株式の中には配当貴族と呼ばれるような、
減配リスクの比較的少ない銘柄があり、
また、
米国のこれまでの株価の推移を考えると、これらの銘柄に投資をコツコツしていけば、
年次(四半期次)の配当金と将来的なキャピタルゲインの両方が狙えちゃうよん、というものです。

なるほど!!
衝撃が走りました。
個人的には米国の株主還元の厚いカルチャーゆえになせる投資手法であり非常に合理的だと思いました。



それまでインデックスしか頭になかったのですが、配当金で日々のキャッシュを作っていく。
もちろん配当金には税金が課されるので、税金分だけ再投資の効果は薄れますが、
配当されたお金は再投資に回すか、消費するか、というオプションがあるのは非常に魅力的だと思いました。

落ちてくるナイフを掴むな。

そして高配当株式銘柄を購入すべく、コロナ相場の中、動いたのですがちょっとした失敗もしました。

投資の格言で「落ちてくるナイフを掴むな」という言葉があります。
これは株価が下落している最中に買いに走るのは、
それ以降の下落リスクを負うことになるので、買ってはいけない、というものです。
要は人間には株価の底を当てることはできないのだから、
それなりに落ち着くとこまでは待ちましょう、ということだと理解しています。

そんな格言があるとは知らず、コロナショックで株価が下落を続ける中、
日本では有名な米国ETFのSPYDを購入しました。SPYDは高配当な株式を集めたETF。
要は高配当欲しいけど一つの会社への投資は減配リスク高いからヤダ、
という考えに基づき投資される銘柄です。Twitterでみましたが、アメリカより日本でうけているようです。

購入した理由はコロナ前まで一株40$くらいだったが一株30$をつけ、
前年までの配当を目安とした利回りが税前で5%を超えたため、
買いと判断しました。

個人的には相当程度の株数を購入し、いい気になってましたが、、
その後あれよあれよと言う間に下落、下落、下落。一時期株価は23$代まで落ちました。
その後、この落ちてくるナイフを掴むな、と言う格言を知り、
先人たちの知恵は偉大だな、と思った次第です笑


株価の低迷している日本株

コロナショック後アメリカ株は政府の支援等もありつつ、
それなりに回復し、当時は結構あった含み損もだいぶ回復しました。
これから米国株式で投資を続けようかな、と思っていたところ、
twitterでは日本株式で高配当戦略をとっている人が多くいるな、ということに気づきました。

正直、日本の株式、特に個別株には全く興味ありませんでした。
なぜなら、市場全体の成長性がアメリカと比較すると断然劣るからです。

しかし、キャピタルゲインはあまり考えず、
ただ配当を生み出すマシーンと考えれば日本株に手を出さない理由もないな、と考えを改めました。
コロナ後からそんなに大きく株価を戻していない財務状況が健全な会社を中心に、
日本株も買い進めるようになっています。

現在のポートフォリオ

NISAの積立と楽天ポイントをふんだんに活用した
定額の積立は今後も続けていくとして、
現在のポートフォリオは下記のようになっています。
個別株に手を出し始めてからにしては結構買い進めてます。

日本株はジャフコを除いては配当利回り5%超の銘柄です。
コロナの影響でだいぶお買い得に買えました。これらの株はある程度はキャピタルゲインも取れると踏んでいます。
今後日本も個人投資家等が増え、企業もより株主還元を実施するようになれば、
日本企業の株価もアメリカのように伸びていくと思うのですがね、、、、、

ティッカー銘柄
8001伊藤忠商事
2914日本たばこ産業
3476投資法人みらい
8058三菱商事
8595ジャフコ
8967日本ロジスティクスF
8979スターツプロシード投資
SPYDSPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF
EBSエマージェント・バイオソリューションズ
BNTXバイオエヌテック
KOコカ・コーラ
GILDギリアド・サイエンシズ
MOアルトリア・グループ
TAT&T
2800トラッカー・ファンド・オブ・ホンコン

今後の投資方針

というわけで、今後の投資方針としては、
積立のインデックス投資を毎月安定的に実施しつつ、
高配当株をメインに投資していこうと考えています。
年間の積立額100万円は必ず達成するものとして、
配当金が税前年間50万円となるレベルの投資となるようにポートフォリオを作っていきたいと思います!
上記のSPYD購入時の判断に見られるように利回り5%を一つの基準と考えると、
大体1,000万円程度の資産の積み上げは必要になるでしょうね。
積立との兼ね合いでどこまで財務的な体力が持つか、見ものですw

コメント