IOSTに賭けるイギリス暮らし-Day7

イギリス生活
スポンサーリンク

IOSTの暴騰がアツすぎて、イギリスの食費なんて屁ですわ、屁。

このブログで地味に数回取り上げているIOST。


少し前から続いていた潜伏期間を経て、再度上昇の兆しです。
直近の最高値は4月終わりごろの9円付近。一旦、7月に2円付近まで下落後、直近でまた8円あたりまで回復。なんの根拠もなく購入した2020年12月末付近。あのタイミングから比べるととんでもなく価格が上がっています。留学(についていっている間)は基本的に何も収入がないはずなので、この暴騰はうれしみもひとしおです泣

XRP=IOST説、そのまま爆上がりしてほしい。

9円まで上がって、沈没して、また上昇して、というこの動き何かに似ていると思いませんか?そうですね、XRPリップルの値動きに似ていると思いませんか?似ているに違いない。そうになるに違いない。リップルはATHが2018年1月4日の385.96円。仮にIOSTもそこまで上がるとすると簿価が0.6円程度なので、660バガー。うれしみで体が張り裂けるかもしれません。

ただ、IOSTについてはその用途があまりよくわからないが事実。暗号通貨に関して少し勉強して、暗号の仕組みについては詳しくなりましたが、IOSTが何のために作られていて、どのように将来の展望があるか、については、全く分からないし、全く調べてもいないので、頭のいい、詳しい方ぜひ教えてください。なお、勝手にIOSTの先生と慕っているtwitterの先生は、IOSTはまだ何も実用性がない、みたいなことを言っていたので、賢明な皆さんは私に追随してIOSTを買わないでくださいね。絶対にです。

SHIBで夢を見たい、イギリス生活

IOSTはいいタイミングで仕込めたので長期保有。最低でも100円を超えるまでは保有したいな、と思ってます。ちなみにもう一つ仕込んでいるのがSHIBです。一時期、犬コインとして有名になったSHIBですが、バイナンスで買えたのでとりあえず1000ドル分くらい突っ込みました。1000ドルで1億2400万SHIBが購入できる非常にお買い得な買い物でしたがSHIBこそ中身がなにもない(と思われるので)す具に価格が30%程度減価しました。ウケる。草コインは買うものではないですね。。でも1SHIB=1円になれば、それだけで1億円です。島買いたい。

明日はACCAの試験なのですが、朝9時から3時間×2科目の鬼の所業。頑張って受けてきます。

コメント