海外ドラマSUITSで学ぶ英語フレーズ!〜get past〜

英語

今日のフレーズは、
前後の文脈なしに説明できてしまうので、

会話の紹介をするのは・・・

サボります・・・!

今回のフレーズ “get past 〜”

場面は、シーズン1 第9話開始9分くらいのシーンです。

ハーヴィーが自分の執務室に入ると、

ある案件で失敗を犯したルイスが既にいます。

通常はハーヴィーの秘書であるドナの許可がないと
部屋には入れないので、

ルイスはうまいことタイミングをみて、
(ドナがトイレに行ってる時とか?)
部屋に入ったようです。

ルイスを見てハーヴィーが言った言葉が
今回のフレーズのこちらです。

How’d you get past Donna?
どうやってドナのところを通り過ぎた?

(意訳:どうやって入ってきた?)

“get past〜”は “〜のそばを通り過ぎる” という意味。

past は「過去」という意味だけでなく、
〜のそばを過ぎて」という意味も持っていて、

今回は後者の意味で使われています。

ポイント: PassとPastの違い

ポイントは、

「〜のそばを過ぎる」という意味の

PassとPastの使い分けです。

この二つの違いは、理解してしまえば簡単で、

pass は動詞

Pastは副詞

ただ、それだけの違いです。

たとえば、「オフィスのそばを通り過ぎる」という時、
どちらを使っても表現でき、

Pass the office. (動+名)

Walk past the office.(動+副+名)

となります。

Pastの便利な使い方

past は、

My house is past the bank.
私の家は、銀行の向こう側にある。

というように、

「〜を過ぎて」
つまり、「〜の向こう側に
という使い方もできます。

ただし、この場合のPastは前置詞です。

前置詞としては、

It’s five past six.
6時5分です。

など時間を表す時にも使われます。

色々書きましたが、Pastは、

名詞・形容詞のときは、「過去」

副詞・前置詞のときは、「〜を過ぎて」

という意味です。

日常会話で

「場」を表す時にも

「時間」を表す時にも

使える便利な言葉なので是非積極的に使って見てください^^

コメント