海外ドラマSUITSで学ぶ英語フレーズ!〜take (A) off one’s hands〜

英語

SUITS シーズン1 第7話 インサイダー取引の謎

シーズン1 第7話、開始27分くらいのシーン、
マイクとハーヴィーとの会話です。

インサイダー取引をした疑いのある女性(ギャビー)の
言動から、彼女は真犯人ではないと思い、
ハーヴィーとマイクは調査を進めています。

夜、ギャビーの会社仲間のいるバーに潜入して
情報を聞き出したマイク。
その足で、そのままハーヴィーの家へと
情報を渡しに向かいます。

ハーヴィーの家のあまりの豪華さに驚いたマイクが
「たまにこの家、僕が留守番してようか?」
と、冗談を言うシーンです。

ハーヴィーのお家を見たマイクとハーヴィーの会話

マイク
Oh, oh, you got a sweet place, dude.
おいおい、お前の家すげえな!

ハーヴィー
Don’t ever call me “Dude”.
「お前」と呼ぶな。

マイク
Do you think that maybe I can take it off your hands, like, when you’re going out of town?
Like a house-sitting-type situation?

(直訳)君が遠出している時とか、僕がこの家を引き受けてあげられると思わない?留守番的な感じでさ。
(意訳)家を空けてる時とか、留守番してようか?


ハーヴィー
Remind me to have Donna get you a spare key.
その時はドナから合鍵を渡させるよ。

今回のフレーズ ”take (A) off one’s hands”

“take off one’s hands” = “(仕事など)を引き受ける”

という意味です。

例えば、ビジネスにおいて、
I’ll take the job off his hands. = 彼の仕事を引き受ける。

という風に使われます。

似たような意味では、
“(仕事や責任)を引き継ぐ” = “take over”

という熟語があります。

(例文)
Take over a new job = 新しい仕事を引き受ける
Take over his post = 彼の職務を引き継ぐ

take (A) off one’s hands を使って引き受ける対象は、
仕事や責任だけでなく、
モノや人も含まれるため、

(A)の部分には、
今回で言うとit = houseが入っていますし、

例えば、
“take her off your hands”
= “君の代わりに僕が彼女のお相手をするよ”

のように人が入ることもあります。

おまけ1 ”house-sitting type situation”

“house-sitting” = “留守番”

と言う意味です。

今回のように、
英語では、”○○ – ○○”と、
ハイフンで2語をつなげた言葉が色々あり、

特に、SUITSを見ていると、
“○○ – ○○ situation”と言う表現が
何度か出てきています。

先日の投稿の中でも、
ハーヴィーとルイスの会話で

“no-win situation” = “勝ち目がない(状況)”

と言う表現が出てきました。

おまけ2 ”Dude”

マイクがハーヴィーに対して”Dude”
と呼びかけ、
ハーヴィーが”Dude”と呼ぶな、
と制していることからもわかるように、

“Dude”はあまり綺麗な言葉ではなく、
親しい間柄で使われる俗語です。

いくつか意味があって、

例えば意味を持たずただ呼びかけの言葉としても
“Dude” と使われます。

Hey!みたいな感じです。

ただし、男性から男性に対して使われることが
一般的だそうです。

もう一つ、今回のシーンでの使われ方がそうですが、

男性を示して「やつ、野郎」

と言う意味です。

今回は、目の前で本人に対して言ってるので、
「野郎」と訳すと少し違和感があり、
「お前」くらいに訳すのが良いと思います。

いずれにせよ、Dudeは親しい間柄の、
特に男性同士の会話で使われる俗語なので、
使ってみる時は注意が必要です。

コメント