妻の海外旅行記:ヨルダン編②_ペトラ遺跡

旅行総合

死海のホテル→ペトラ遺跡

泊まっている死海近くのホテルで
タクシーを手配してもらって、
日帰りペトラ遺跡観光

タクシーの料金は基本高い値段を言われるらしい。
ドンっと値切って大丈夫です。
あっけなく値段下がりました(笑)

朝7時半にホテルを出て、
10時半ごろにペトラ遺跡に到着。
ちなみにこのタクシードライバーさんも
すごい良い人でした。

英語全く話せないみたいで、
全然意思疎通はできなかったけど
道中必死にいろいろ説明してくれて

良い人というのはすごい伝わってきました

3時間ひたすらこんな道を行きます

道中でさえ楽しい

雄大だなあ・・・

ペトラ遺跡到着!

そしてその先についに・・・

ペトラ遺跡!!!

ちなみに入り口にこんな看板がありました。
ターキッシュエアラインで行くと割引になるらしいです。
本当かわかんないけど、やってみてください。

チケット購入

事前にネットで調べていたら
チケット代は現金のみと書いているところが多く
私たちも現金を用意していったのですが、
でも実際いってみたらカード払いできるみたいです。

この写真の右側、カードマーク見えますでしょうか。

入場料は一人50USDです。

高い・・・・
こんなに高い観光地は初めてです・・・・

まあでもそもそもヨルダンくる人なんて
ペトラ遺跡目当てだし、
こんな長い道中経て、
高いからやめようなんて人はいないだろうし

これは良い観光収入です

でもそれだけの価値は確かにありますペトラ遺跡。

ついにペトラ散策!

入り口を入るとまずこんな感じ
昔インディージョーンズの撮影がここで行われて、
それで有名になったらしいです

入り口付近にロバとロバ使いがたくさんいて
「無料で乗せていってあげるよ!
チケットに書いてるでしょ!フリーだから!」
と、めちゃめちゃ声をかけられます

これ、乗ると料金はフリーなのですが、
チップを高額で要求されるらしいです(笑)

良い国だと思ったヨルダンも、
一応こういうのあるんですね。

あとはこんな道をひたすら行きます。

壮大です

どこまでも壮大・・・

写真じゃ伝わらないのが悔しい・・・・

空の色とか岩の色とか、
原色の絵の具で高尚な画家さんが自由気ままに描いてみました

みたいな世界なんです。

写真じゃ伝わらない世界を、
うまい言葉で伝えられる語彙力が欲しいですね・・・

本当に綺麗で壮大で力強くて・・・・

なんだろうな。

悩んでる人はここ行けばとりあえず元気になれると思いますよ!

そしてもっと進んで行くと・・・
一番有名な場所

これずっと宮殿だと思ってたんですけど、
実は宝物庫らしいです。

ペトラ遺跡は岩山を削って作られた遺跡群
みただけでもかなり広くて、
端っこまでは行けないくらいでしたが、
それでもまだ発掘調査中で、
全体の15%くらいしか発掘できてないらしいです

そして観光客が見れてるのはその15%のうちのまたほんの一部なんだとか

この宝物庫前で写真とか撮ってると、
やたらと上から素敵な写真撮ってみないかって勧誘される
何かと思えば、左から崖みたいなところを上に登れるところがあって、
でもそこを登るにはガイドがいないと登れないから、
一緒に登ってやるよ!だって。

20USDとかでふっかけられますが、
7USDくらいにはなります
もしかしたらもっと下がったかもしれないです・・・

登って上から見た景色は確かに絶景で、
いわゆるインスタ映え写真が撮れますが
でも登るまでが怖すぎてそれどころじゃないです(笑)

宝物庫前の広場はわちゃわちゃしていて一番賑わっています。

ラクダもいて

一匹、カメラを向けると絶対にこんな顔するラクダがいて

憎たらしい。(笑)

一番奥までは半日コースでは時間足りず、
中間地点の王の墓群まで行って終了。
奥まではロバで行くと早いらしいのですが、
とんでもなくふっかけられます。

といっても時間も限られているので、
次回はロバに乗って最終地点まで行きたいなあと。
値段も交渉できますし。
乗らなかったけど交渉だけしたら、
結局3ぶんの1くらいの値段になりました

そして待っててもらったタクシーに乗って
死海のホテルに帰宅です。

行き帰りの車が長いけど、
道は広いし風も気持ちいし寝てたらあっという間で、
そして寝ても大丈夫なくらいタ
クシーの運転手さんもみんな良い人で
最高に癒されたヨルダン旅行でした^^


コメント