【総合商社】三菱商事 2019年度上期決算!伊藤忠の後塵を拝すッ

会計Topic
スポンサーリンク

三菱商事の2019年度の半期の実績は2,424億円

出典:三菱商事サイト

三菱商事の2019年度の上期の決算は前年同期比で▲669億円でした。

こんなニュースもありましたからね。。。
子会社の不正取引で税前▲342億はなかなかです。
過去、伊藤忠でも子会社の社員のFXでの損失みたいな公表があったと思いますが、
ちょっと桁が違う。本人は気が気でなかったでしょうね。。。

上記▲669億のうち、事業系は▲236億。
税前が▲342億なので、事業系の減益の太宗はデリ関連の不正取引のようですね。
これ上の人は管理責任とかで飛んでしまうのでしょうか。。。かわいそう。

市況系は主に石炭等の資源価格の減少のようですが、
あまり伊藤忠では資源下落による金属セグメントの減益は目立ちませんでした。
これは三菱の石炭への比重が大きいことの表れです。

出典:伊藤忠サイトより

伊藤忠の金属セグメントは上記のように前年比、上振れ。
要因が鉄鉱石セグメントの価格上昇、ということは、
より鉄鉱石に投資を張っているはずの三井は金属セグメントで大きく利益が出ているのでしょう!
恐らく。。

IFRS16号適用

今季からIFRS16号リースの適用が始まりまってますね。
書きませんでしたが、伊藤忠の決算短信にも記載ありました。

簡単に言えば、
今までBSに乗っけなくてよかったオペレーティングリースに関しても、
BSにのっけて表示して下さい、というもの。
リースに関してはどこかで詳しくかければ、と思います。

こういうの全社でとりまていくの非常に非常に大変なんだろうなぁ。。。。
本社の主計部は非常にタフな仕事です。

落とした通期見通し!!→5,200億

出典:三菱商事サイト

本来ならこれが一番のビッグニュースだったかもしれませんね笑

伊藤忠は上期で2,891億、単純に年間では5,782億。
仮に600億円程度の減損を入れたとしても、三菱商事の通期見通しよりも上回る予想。

2019年度の純利益争いは一体、どのような結末を迎えるでしょうか??

ちなみに題名から分かるかと思いますが、ジョジョ最近読み始めました。
とりあえず、第5部まで読了。個人的にはこち亀感があった4部が好きでした。東方丈助。

コメント