海外ドラマSUITSで学ぶ英語フレーズ!〜in lieu of〜

英語
Woman security guard posing out buildings.

SUITS シーズン1 第11話 罪の代償

シーズン1 第10話 開始28分くらいの
セキュリティーガードとハーヴィーの会話です。

マイクが、争っている弁護士のIDカードを手に入れ、

情報をとるために・・・

夜中にその弁護士事務所に潜入してしまいました。

それをセキュリティーガードのおじさんに
見つかってしまい絶体絶命のマイク。

セキュリティーガードは警察に突き出さず、
金を脅し取ろうとハーヴィーを呼び出しました。

その時のハーヴィーとセキュリティーガードの
会話がこちらです。

ハーヴィーとセキュリティーガードの会話

※ピンクの部分は次回解説します!

ハーヴィー
You caught him rifling through some files, and in lieu of calling the police, you want me to pay you off?
彼(マイク)がファイルをあさってるところを捕まえたのか。
警察に通報する代わりに、俺にいくらか払えと?

セキュリティーガード
I never said that. He did.
俺が言ったんじゃない。彼が言ったんだ。

ハーヴィー
Oh, that’s great. This way, if I level a charge of extortion, it’s hearsay, huh?
賢いな。それだと、俺が恐喝で訴えてても意味がないな。

※LEVEL =〔非難などを人に〕向ける、突きつける

セキュリティーガード
Ten years working for a law firm, you learn a thing or two which is good,
because you sure as hell don’t make a lot of money doing it.
10年もここで働いてたんだ。多少は知恵もつくさ。
だって、分かるだろ、給料は多くない。

ハーヴィー
Somehow, I think you’re getting by fine.
世渡り上手だな。

※get by fine = うまく生きていく

セキュリティーガード
Just saying, on the level you guys play at, espionage happens all the time,
which is why I know you’ll do anything to protect your secrets.

言ったろ、スパイ行為は日常茶飯事だ。
だから、あんたが秘密を守るためなら、なんだってやることも知ってるさ。

※espionage=スパイ行為 
éspiənὰːʒ(えすぴーなーじ)

今回のフレーズ ”in lieu of”

今日は、ハーヴィーの最初の言葉、

“You caught him rifling through some files, and in lieu of calling the police, you want me to pay you off?”全体を解説します。

まずは、今日のフレーズである”in lieu of〜”。

これは、”〜の代わりに”と言う意味で、
“instead of〜”と同義です。

何が違うかと言うと、 instead ofはカジュアルで
日常会話で普通に使われます。

一方 in lieu of は結構堅い表現で、
法律の話などフォーマルな場面で使われます。

読み方は、〔ljuː(ルー)〕と読みます。

calling the police の代わりに(in lieu of) pay me off(金払え)
ということですね。

ここの文章の最初に、もうひとつ難しい表現の
“rifling through some files”とありますが、

まず、riflingは、”rifle”の現在進行形で、

名詞だと「ライフル銃」と言う意味のこちら、

“rifle”の現在進行形で、
名詞だと「ライフル銃」と言う意味のこちら、

動詞だと、”(机・金庫などを)くまなく探して盗む”

と言う意味になります。

いつ使うねん、って感じの単語ですが、
まさに今回のマイクにぴったりです。

つまり、”rifling through some files”は、
ファイルを漁っている(探している)という意味になります。

長いので今回の場面は2回に分け、
次回ピンク部分を解説させていただきます!

ちなみに結末は・・・

ここまでの会話だけ聞いてると、
セキュリティーガードにしてやられた感があるのですが、

大丈夫です。ハーヴィーはきっちり勝ちます。

この後のハーヴィーの返しがカッコいいのでご紹介します。
是非読んで言ってください!

ハーヴィー
Well actually, Joe Speena, of 2561 Clover Lane, Astoria, Queens, I think we all would.
Clover通り2561に住んでるJoe Speenaさん。 あんたも含めてみんなそうだよな。

Like those tax returns you filed jointly, for the last six years while no longer living with your wife.
税金を夫婦一緒に申告してるが、過去6年間一緒に住んでいない。

You know, the IRS can destroy you for that.
国税庁は君を捕まえることもできるぞ。

You think you’re the first person to try to extort me, Joe?
あんたは、俺が脅されたのは初めてだと思ってるんだろ?

Because that’s the level I play at.
そう見せただけさ。

Now…You’re a security guard who likes to take risks. I like that.
So, here’s what we’re gonna do.

リスクも厭わないセキュリティーガード、俺は好きだ。
だから、こうしよう。

This here’s a generous donation to Joey Junior’s little league team.
君の息子のリトルリーグにこの金を寄付しよう。

Now, if it gets to them, it gets to them. If it doesn’t, it doesn’t.
君が届ければ彼らが手にするし、そうでなければ、それまでだ。
(意訳:届けるかどうかは君次第だ。)

But the next time we talk, it’s gonna be me who wants a favor.
でも次は、俺の頼みも聞いてくれよ。

コメント