海外ドラマSUITSで学ぶ英語フレーズ!〜Pose as〜

英語

スポンサーリンク

SUITS シーズン1 第3話 特許の罠

シーズン1 第3話、開始9分30秒くらいのシーン、
マイクとルイスの会話です。

マイクの仕事を見て感心したルイス。

自室にマイクを呼んで、
毎年選ぶポニー(ルイスのお気に入り)に
マイクを選ぼうかなと匂わします。

マイクが部屋を出るとき、
ルイスが昼食&テニスに誘い、

マイクが断ろうとすると、
ルイスは断りを許しません。

今回はそんな会話に出てくるフレーズです。

単語自体は、日本語でもよく使われる簡単な単語ですが、
実際の英会話でこういう使い方をパッとできると
会話の幅が広がるなと思い、ご紹介します!

マイクとルイスの会話

ルイス
So maybe we can meet for lunch tomorrow at the club.
Say, 1:00PM?

じゃあ明日、テニスクラブで昼食でもどう?
13時ごろとか?

マイク
Uh, you know, tomorrow・・・
あー・・・明日は・・・

ルイス
I know just posed that as a question, but I really didn’t mean it that way.
問いかけっぽく言ったが、これは質問ではない。
(=断ることはできない命令だ。)

今回のフレーズ ”Pose as〜”

“Pose”は、日本語でも使われているように「ポーズをとる」という意味です。

もう一つ、実際の体のポーズではなく、
態度としてのポーズをとるということで、

「Pose as〜」=「〜のふりをする」という意味があります。

類義語では、「Pretend」もふりをするという同じ意味をもっています。


今回のルイスの発言を直訳すると、

I know just posed that as a question,
→分かってる。問いかけているふりをした。

but I really didn’t mean it that way.
→しかし、そのような意味で言ったのではない。

ということは・・・

質問のふりしたけど違うよ。
→これは質問じゃない。
→質問じゃないということは断ることはできない。
→命令だ。

という解釈になります。

意訳は、「断ることは許されない」「命令だ」などが
適していると思います。

簡単な言葉だけど・・・

英単語 Pose 自体はとても簡単な言葉で、
「ふりをする」という意味も
「ポーズをとる」から簡単に連想できてしまうのですが、

実際に英語を話している中で、
ナチュラルに今回のような使い方をできる人って
英語が上手い人じゃないとなかなかいないと思うのです。

例えば、ピアノが上手いふりしちゃった!とか、
お菓子の場所知らないふりをしたよ。とか、

日常会話で使える場も多いんじゃないかなと思います!

コメント