妻の海外旅行記 エチオピア編② 〜ダナキルツアー前半~

旅行総合
スポンサーリンク

0日目:メケレの街

タクシーは高い

メケレ空港到着!

メケレ空港、つづりをMekelleとかMecauとか
いろいろ変えてみても全然Googleマップで
検索してくれない。

空港っていれちゃうとアジスアベバの空港がでて
若干不安になるんですけどまあ大丈夫。

ホテルに頼んでたタクシーが来てくれなかったので
そこらへんにいるタクシーに乗せてもらいました。

ホテルタクシーが12ドル(1300円くらい)で、
タクシーが200ブル(800円くらい)だったので
まあいいか、と。

ちなみにエチオピア、タクシーはそんなに
安くないらしいです。

あとわたしたちインドから来てるから
物価結構高くない?みたいな感覚になりました。

観光地価格とはいえ、
そんなに物価安い国ではないと思います。

なかなか都会、メケレ

メケレ、飛行機の窓からみても
けっこうちゃんとした建物が多くて
なかなか都会です。

空港から街までの道中にメケレ大学もあります。
けっこう立派。

街中も整備されていて、石畳なんかもあります

こっちのオートはインドと違って
サイドの壁があるんですね。
青色もかわいい。

ちなみにここでカプチーノを頼んだんですけど、
・・・まずい。
牛乳の味かな?とにかくまずい。

エチオピアで飲むならブラックコーヒーをお勧めします。

散歩したら早めに就寝。
Mekelle Hotelというホテルに泊まりました。

ダナキルツアー1日目

ETTオフィスから、1台4人で出発

ダナキルツアーは、9時にホテルのロビーにお迎え。
ETTのオフィスへ行ってそこでみんなと合流。
世界各国から人が来てました。

点呼を受けてから、4人1車に振り分けられて出発です!
今回私たちは日本人ふたりと一緒の車に。


この人たちが最悪・・・(笑)
けんか売ってるのかなってくらい
愛想なくて・・・

4日間ずっと一緒は悪夢でした。泣
できることなら4人組で
ツアー参加することをオススメします!

全部で7台くらいで1グループとなり、出発です。

私たちの車は出発3分でストップ。
20分くらいかけてメンテナンス(笑)

暇なのでそこらへんの人たちと交流。
言葉は何もわかりません・・・(笑)

でもエチオピアの人たち、
めちゃめちゃ人懐っこい。
警戒心がないのかな?
みんな、特に子供が話しかけてきます

このお母さんがおうちも見せてくれました
一つの部屋にベッドがあるだけ。
そこに何人暮らしてるんだろう。

景色が森から岩山に変わる

街を出てから景色はどんどん変わります

まずは街が消え、田舎っぽくなって、
そして山っぽい道へ

それが緑のない土っぽい感じになって・・・

最後は完全なる岩山!

これは壮大だ・・・

川が削ったのかなあと思ったけど、
ところどころ断層がきれいにあって
たぶん隆起したんじゃないかなあ。

ここの景色は圧巻でした。

そこからしばらく進む。3時間くらいかな?

お昼ご飯を食べてまた進む。

野宿

噂には聞いていたけど、
ほんとうにここなんだ。。。
宿泊場所に到着しました。

暑いからテントの中では寝れない
とツアーの人から説明されてたんですけど

テント使ってるツアーもありました(笑)

私たちが行ったのは12月ですけど
それでも昼間暑かったので
確かに真夏はテントで寝れないかもですね。

トイレなし・シャワーなし・屋根なしです。

トイレは若干山っぽくなっている部分があるので
そこの裏でします。

山の裏側に行くと
また別のお家があったりするので
昼間は裏に行っても
誰かしらからに見えちゃいます・・・(笑)

いったんここに荷物をおいて、
近くの塩湖に向かいます

塩湖!

車で15分くらいのところにあります。

ウユニ塩湖の乾季の時みたい。

すごいのが、この岩みたいなのも塩なんです。

塩の岩。

地面の下は湖になっているみたいで。

穴の空いているところがありました。
中はずーっと洞窟みたいになってそうです。

泳ぎたければここで泳げます。
塩湖なので死海みたいに浮きます。

水着を用意するか、男の人たちはみんな
下着で中にはいってました(笑)

あたりまえだけど舐めるとしょっぱい

ランクルの上に乗って移動

いい景色すぎる
ドライバーさんたちがたまに競争はじめるので
急にカーレースになります

結構水のあるところもあって、
完全にウユニ。

ここでエチオピアンワインを飲んで
夕日が沈むのを待ちます。

ちなみにエチオピアンワイン
めちゃめちゃまずかったです。(笑)

そしてここに帰って夜ご飯食べて就寝。

流れ星はたっくさん見えました。

きれいな星空の下、1日目終了です。

コメント