妻のおすすめ映画vol3: マリリン7日間の恋(My Week with Marilyn)

映画
スポンサーリンク

今日の映画:マリリン7日間の恋(My Week with Marilyn)

出典:Amazon.co.jp

あらすじ

主人公のコリン・クラークは
イギリスの上流家庭出身の青年だが、
一家の四男坊ということもあり、
両親からはあまり期待されていなかった。

それが却って気楽だったコリンは、
以前からあこがれていた映画の世界に
飛び込むことを決意する。

そんな彼が崇拝のまなざしで見つめているのは、
銀幕の中でセクシーに歌い踊るマリリンモンロー。

コリンは両親の友人でもある
ローレンス・オリヴィエの映画製作会社に出向いて、
何とか使い走りの仕事にありつく。

ある時、オリヴィエが監督・主演をつとめる
新作映画『王子と踊り子』の相手役に
マリリン・モンローが抜擢される。

そしてコリンは運よく、
第三助監督として撮影に関わることになった。
憧れのスターであるマリリンと会えることに、
コリンは期待で胸を膨らませる。
(以上Wikipediaより抜粋)

マリリンの火遊びごころに火がついたのか、
旦那とうまくいっていないタイミングで
上品な若者に恋をしてしまったのか・・・
二人の距離は少しずつ近づいていく。

評価・感想

監督:Simon Curtis
主演:Eddie Redmayne/Michelle Ingrid Williams
評価:5/5

ザ大人の映画、という感じです。
短い期間だけ二人の距離は縮まって、
でも最後マリリンは映画の撮影を終えて帰っていく。
キスだけを残して・・・

浮気といえば浮気。
でも小悪魔なマリリンの魅力で
なんか許せてしまう。

最後はキスだけして去っていくマリリンモンロー。
青年とは結ばれないけど、、、
言わなくても、大人ならわかるよね?
みたいな切なくてかっこいい魅力的な映画です!

マリリンモンローの気持ちも、
遊んでるだけのような気もするし、
でもボロボロの精神を優しく受け止めてくれるコリンを
本当に必要としていたような気もするし・・・
本心はわかるようでわからない描き方がされていて。

主演のエディレッドメインは
ファンタスティックビーストとかレ・ミゼラブルの主演の人。
マリリンモンロー役の人は知らなかったけど、
すごい小悪魔でエロい感じの魅力があって、
でも天真爛漫さもある女優さん。

主演どっちも観てて素敵でした。

マリリン 7日間の恋 [Blu-ray]
ミシェル・ウィリアムズ

コメント