妻のおすすめ映画vol2: しあわせのパン

映画



スポンサーリンク

今日の映画:しあわせのパン

あらすじ

東京から北海道の同爺湖の畔に移り住み、
小さなパンカフェ「マーニ」を営む夫婦と、
そこに訪れるお客さんたちの
暖かいふれあいを描いた映画。

夫の水縞尚(みずしま なお)(大泉洋)が焼くパンと、
妻のりえ(原田知世)が入れるコーヒーが、
店を訪れるお客さんたちの心を癒す。

出典:Amazon.co.jp

評価・感想

監督:三島有紀子
主演:大泉洋/原田知世
評価:4/5

映画の最初から最後まで
主演二人が生み出す
穏やか〜な空気がずっと続いて
安心しながら観れる映画です。

こんなことがあって、
あんなことがあって、
悲しいこともあって・・・
でも最後にハッピーエンド!

・・・みたいな映画では全くないです。

ただ、観終わった後に心の奥の方から
あったかい気持ちになれる、そんな映画です。

画面の色あいも、
心が落ち着くちょっと薄めの配色(確か。)。
時間の流れもゆっくり。
店主二人の掛け合いとお客さんへの対応も穏やか。

コトコトコト・・・とコーヒーを入れる風景も、
パンを釜から取り出す風景も、
なんかこう幸せな気持ちにしてくれるんですよね。

なんなんだろう。
もっと映画を学べば理由がわかるのかな?

都会の生活に疲れて、
映画に癒して欲しいときはおすすめの映画です。

コメント