オンラインサロン体験記〜田端大学、イケハヤ、西野

オンラインサロン
スポンサーリンク

オンラインサロンってどんなイメージですか?

インドに来てからというもの
物事に対して斜に構えまくる態度から
とりあえず試してみて、ダメだったやらやめよう、
という健全な精神の持ち主にすっかり変わっている
のですが、
皆さんオンラインサロンってどんなイメージでしょうか?

多分、正直胡散臭いんじゃないかなぁと思っている人が多いのかな、と。
キングコングの西野さんを見ていても何か、どこか宗教チックだし、、、
まぁでも熱狂っていうのはある種の宗教みたいなものだとは思いますが。
高校の文化祭しかり、、

まぁでも批判するだけなら簡単なので、とりあえず入ってみましょう、
ということでオンラインサロンに3つ入ってみました。

西野亮廣エンタメ研究所

まず、これね。キングコングの西野さんのオンラインサロン。
我々夫婦が始めて入ったオンラインサロンですね。
今、堀江さんのオンラインサロンを抜いて現在日本1位の規模ですかね?

入会したのは約1年くらい前だったかと思いますが、
当時、
堀江さん、西野さん、前田さん、箕輪さん、
というカルテットが揃って世間を賑わせている時で、
月額1000円って安いし入ってみるかぁということで入ってみました。

正直に言えば、あまり絵本の作成とかに興味ないので、
特に何か面白いなぁと思う間もなくやめましたが笑
西野さんの人を巻き込む力ってすごいなぁと単純に思います。
数年前?5年前くらいですか?
あの時点では完全にテレビの中では、こいつ何やってだー枠でしたし、
あの当時西野さんが今こんなになっているのを
想定していた人はいるんでしょうかね?

頑張れ、綾部!はねたら”さん”付だ!!
冗談はさておき、人を動かす力を持つというのはとても大事ですね。

後に出てくるフォロワー数は資産だという田端さんもそうですが、
人を動かせると金になる、ということです。
これオンラインサロン、約会員1.7万人いますから、
一人千円で月1,700万、年間で2億円くらい。うむ!

脱社畜サロン

これもいわずとしれた、いけはや先生のサロンですね。

フォロワー数を増やすために30ツイートを毎日しろだとか、
いろいろ世間で批判されていたこともありましたが、
最終的にこのサロンが瓦解したのは
正田さんとえらてんさんの経歴詐称論争ですよね笑

月々3000円ではぁちゅうサロンの参加権もあったりして、
そんなに高くないのかなぁという感じだった気もしましたが、
騒動が大きくなる中でサロン内の動きも不穏なものとなり、
3000円払い続けるのもどうかなぁとおもい、退会しました。

人数の多いこともあり、
中の人と触れ合う機会が少ない、というのは微妙ですよね〜。
サロンのジレンマとは思いますが、
目に見える範囲での会員数にするか、規模を拡大させるかどっちがいいんでしょうね。
ネバーエンディングストーリーですな。

田端大学 ブランド人学部

はい、そしてこれ今加入しているオンラインサロンです。
3月から加入しています。月1万円。
田端さんって、そもそも皆さんご存知でしょうか?
R25を作り、LINEで名を挙げ、今ZOZOにいるあのお方です。

僕の周りにはなぜか田端信太郎のことに興味を持っている人が
昔からたくさんいて、僕も彼興味を持つようになり、
そんな中オンラインサロンの募集を行っており
その宣伝に飛び乗ったわけです。

基本的に毎月やることは、課題図書が発表され、
本を読んでその課題に関してプレゼンを行い、
出来が良ければMVPに選ばれ月会費が無料になったり、
いろいろ田端さんと近づける特権がもらえるわけです。

先日はリンクアンドモチベーションの麻野さんが書いた「The Team」

という本に基づいて課題を提出し、
なんと30数個の提出物の中から私の課題が佳作として選ばれ、
80人くらい集まるスペースで発表をする機会を持ちました。

これスライドの表紙。気になりますよね。中身。

残念ながら次点だったのですが、
・全体で200人という比較的小規模な設定かつ
・1万円という安くはない金額設定
などのお陰からか
いいメンバーとのいいコミュニケーションが取れている、
という印象です。

また、何より塾長の距離の近さが素晴らしいです。
本当にフランクに接してくれるし、
建設的な意見ももらえるので、
たまにマジレスと言われる攻撃を食らうこともありますが、
外部のメンターのような形で塾長と関係性を構築できるのが
とっってもいい点だと思います!
(個人的には会社にいい人が全然いなかったので、、、)

空き枠はたまに補充されるので、要チェック!超オススメです。


コメント