【インドボードゲーム同好会長推薦】もはや人生の縮図というべき”ゲシェンク”

ボードゲーム
スポンサーリンク

一番お勧めしたいゲームNo1

このゲシェンクはいま
会長が一番お勧めしたいゲーム。

第二回にして一番お勧めしたいとなると
それ以降に紹介するものが霞んできますが、
そうだとしてもお勧めしたいゲーム。

きっかけは会長よりも余裕でボドゲ
(界隈ではボードゲームをボドゲとよぶ。)
に詳しいM氏が持ってきたこのゲームに
どハマりしたことによる。

彼が持ってきたのはNo Merciという
フランス語感満載のゲームでした。

どうやらこのNo merciもカタンに勝るとも
劣らないレベルで世界的に人気なようです。

で、No Merciを買おうとしたのですが
売り切れに次ぐ売り切れで
途方に暮れていたところ、
ネットでNo Merciと同様のルールの
ゲシェンクがあると発見して、
軽く小躍りしました。一人で。

あれ、値上がりしてる??俺は1,500円で買ったような。。
値段は見なかったことにします。

ゲシェンクの遊び方

ルール

ルールは結構シンプル。
使用するのは3-35までのカードと一人11枚のコイン。

自分の番

回ってくるたびに
・表示されたカードを引き受けるか
・パスするかを選択します。

ゲーム終盤

最終的にカードの合計の数字が一番小さい人が勝ち。
とてもシンプル!

で、奥が深いのはここから。

・パスするときにはコインを1枚場に出す必要有。
→コインがない場合はカードを引き受けないとならない。

・カードを引き受ける際はコインも同時に引き受ける。
・最後コインの枚数はカードの合計数から引く。
→コインを多く持っていると計算上も有利!

・3-35のうち、9枚はランダムに抜く。
・連番する数字を持つときは重ねて、一枚にできる。

この最後の2つのルールが人間性をあぶり出すのです。

例えば、

「34」というカードが出たときに、
「33」や「35」がつながる可能性を考えて、
数字自体は大きいので不利なカードですが、
敢えて早い段階から
引き受けるなんていう戦略もあるわけです。

でも、引き受けても
9枚抜かれた中に「33」「35」と
言ったカードが含まれる可能性があるわけです。
怖いでしょ?笑

ここが非常にこのゲームの奥深いとこなんです。
どこでリスクをとって将来の得点に備えられるか。

人生の縮図。
それは言いすぎでしょうか笑

人数

3-5人で行けると思いますが、
個人的には5人がおすすめ。
人数が多いほどやはりゲームは楽しい。

時間

20分もあれば1ゲームできます。
サクサクしててめっちゃいい!

サイズ

ポケットサイズです。もう会社でもどこでもできます。
明日から貴方もボドゲマスターです。

シンプル


ゲシェンクのおすすめポイント

人間性がかなり現れる!

良いゲームで良く評される内容ですが、
このゲームも個性がめっちゃ現れると思います。

なかなか数字を引き受けない人。
とりあえず早めに引き受けてどっしり構える人。

どっちがいいかはわかりません。
なぜなら9枚ランダムに抜かれているから。

ただ、個人的には大きな数値を最初の方にとって、
連続する数値を引き受けていき、
「簿価」を下げていくスタイルが好き。

早漏な会長の唯一の遅漏なポイント。

サクサクできる

ルールの手軽さ、時間のかからなさ、
が他のゲームと比べて段違い。

カタンはちょっと時間がかかっちゃうから、
ちょっとした空き時間では
ちょっと微妙かな~、という印象。

でも、このゲシェンクコインを置く場所さえあれば
どこでもいつでもサクッと遊ぶことできます。

しかも一回やったら忘れない簡単なルール。

結局世の中Simple is the best
ということを思い知らされます。

モテそう

あとやはりツウなボードゲームを
さっと差出したりできるとモテると思います。

ゲシェンクはカタン程ではない
Tier2ゲーム(失礼)ではありますが、
それが故のツウ感を醸し出せます。

急な雨に打たれた
平屋でいきないこれを出したら、
モテること請け合いですよね。

まとめ

というわけで、ゲシェンクは、

シンプルさ★★★★★
人生の縮図★★★★★
モテ度★★★★★

の3項目で最高評価。
是非、ボドゲ同好会長おすすめの
ゲシェンク皆様もお買い求めを急げ!


コメント