【USCPA】AUD (Audit) 試験②

USCPA
スポンサーリンク

と、いうわけで

は京都は四条川端にある有名なラブホテルではございますが、

祇園四条のラブホテル と、いうわけで。
京都祇園、鴨川沿いのラブホテル/カップルズホテル と、いうわけで。 客室のご紹介、アクセス情報、料金システムなどもこちらのサイトからご確認いただけます。

前回の投稿にてAUDを
慢心からくる完全なる準備不足で受験し、
残念ながら不合格(当たり前)
となってしまったことは
お伝えしたとおりでございますが、


やはり、
何が不可解だったのか?というと、
感触は合格したFAR/BECよりも、
断然AUDの方が良かったという点です。

これはUSCPAの試験では、
正答率があがればあがるほど
問題が難しくなる、
ということに起因しているのでしょうかね。

正答率も高くないけど、
ずっと簡単な問題が出題されていて、
正解はしていなかったけど、
試験は簡単だったと
勘違いしていたのでしょうかね笑

AUDに落ちた理由、、、

完全に言い訳
になってしまうのですが、
端的に言うと
AUDは完全に準備をサボりました。
というか、なめてました。

というのも、FAR/BECで、
USCPAのテストの勉強方法を
つかんだ!と思って、

最低限の労力で受かろうと
思ってギリギリを狙ったわけです。

で、結局AUDはTACのDVDを見ずに
テキストだけ読んで、
問題集をやって試験に臨みました笑

さすがに舐めすぎではあるのですが、
どこかの予備校の合格体験談に
DVDは見なかったみたいな人がいて、
自分もそれでいけるかな?と
思っちゃったんですよね笑

二回目の試験に向けての対策

結果、
一回目の試験は73点
だったわけですが、

二回目の試験を受けるにあたって、
何をすべきかということを考えました。

一から授業DVDを見る気力
は全くなかったので、(←ズボラ)
結局、苦手だな、
と思う範囲のDVDだけ見て、
追加で今まで使用していなかった
TACの公式問題集もAUDに限っては、
全問解くようにしました。

というのも、
今回AUDは6月に受験したのですが、
スケジュールの都合上、
日本でREGと同タイミングで
受ける必要があり、
今までとは違って、
並行して勉強する必要があったからです。

個人的な苦手な点は、
監査意見の前後のパラグラフに出てくる
supplemental informationが
云々カンヌンとかいう、
そのあたりの細かい単元でした。

この単元のみDVDを見たのですが、
テキストだけで勉強するのとは違い、
どこに力点を置くべきか?
みたいなニュアンスもわかるので、
最初から横着せずにDVD見ておけば、
良かったなぁと激しくおもった次第です笑

結果はAUD86点で合格!

で、上記のように
再度対策をした結果、
AUDに無事合格することができました!

総勉強時間は235時間!
得点は86点!

最初からDVDを見ておけば、
もっと時間を節約できたかも
、、と思う次第笑

急がば回れ、ということでしょうね。
ことわざは偉大。

まとめ

・AUDは日本人には鬼門。
 心してかかりましょう!
・出来がよくても
 受かっているとは限りません笑
・予備校のプログラムには
 素直に従いましょう笑

あと個人的にはAUDの受験は
FARの次の2番目がオススメです。
ぜひ受験まだの方は、
試験の順番についても研究してみてください!


コメント