妻のおすすめ本 vol.3:サクッと起業してサクッと売却する

スポンサーリンク

今日の本:サクッと起業してサクッと売却する

本の紹介とおすすめ度

著者:正田圭
おすすめ度:4/5

著者は、イケハヤ先生と一緒に脱社畜サロンやってる人。
15歳くらいに起業したらしい。

面白いのは面白い。
ただ、これ見てよし起業って簡単だ!
って思うかというと思わない。
思って欲しいだなんて、著者も狙ってないと思うけど。

ちなみに正田圭さん、最近経歴詐称みたいな感じで
言われてツイッターで一悶着ありましたね。

一部インターネット上で弊社及び正田圭の事業活動について事実無根の風評被害、誹謗中傷を目的とした内容が散見されておりますが、いずれの内容も全くの事実無根であり、悪質な嫌がらせです。
本件に関しては弁護士に一任し、法的に措置をとらせていただきます。— 正田圭 / プロフ盛ってます (@keimasada222) 2019年1月9日

すぐにツイッターの名前も
「プロフ盛ってます」に変えてる(笑)

感想

内容は面白い。

何が面白いかと言うと、
著者のような人生であれば面白いだろうなあと
疑似体験ができること。

正田さんは、15歳の時に起業して売却したらしく、
一度起業するとやり方もわかるし、
そこから何社も起業して売却をしているとのこと。

そしてそのやり方を本書で紹介してくれています。

面白い斬新なアイデアなんて
そうそう生まれるものではない。
だからパクリで良いのだ、だそうです。

やり方とかデザインをパクってはだめだけど、
いま世の中にビジネスモデルは溢れている。

それを少し工夫して
自分のブランドとするだけで起業はできる。

起業後もいろいろあるけれど、
割愛して結論を言うと、

「起業してさっさと売れ。」

でもリスクあるよ。わたしはできない

ただ、著者も言っているけどリスクは当然伴う。

そのリスクに立ち向かえるということが最低条件。

この本はとても希望を与えてくれるし、
内容もわかりやすい。

ただ、内容を自分自身に当てはめて考えると
やっぱりそこまでリスクはとれないなあ。

だからまず起業じゃなくて、
ブログとかyoutubeとか今の生活を捨てなくて良い範囲で
ちょっとずつ収入を増やせる道をまずやってみたいなあ、と
思います。

思いますって言っても、先月始めたばっかりで
収入も何もないけど(笑)

コメント