インドでの家選びは大変?

インド生活
スポンサーリンク

インドの家選び

やっぱ、大変ですよね。。
私が住んでいるグルガオンには日本人も一杯いて、
日本人街のようなマンションもありますが、
部屋を決める前に諸々要確認です!
(下記ではマンションに住むことを想定して書きます。)

ちなみに下記のPark Placeが日本人がたくさん住むマンションです。

このマンション戸数は多いのですが
そのほとんどが日本人と韓国人で占められていると言われています。
ここのマンションは不倫だらけ
なんていう話もまことしやかに流れていますが、
実際のところどうなんでしょ笑

インドの家の広さは?

まずインドに来てびっくりしたのですが、
普通の家って3ベッドルームが基本らしいです。
今は妻と二人暮らしなので、
一部屋が寝室、一部屋が妻のクローゼット、一部屋が物置みたいになってます。
東京に帰れるか不安です笑

あとは部屋の横にメイド用の部屋が付いている家もあります。
マンションのデフォルトとして
メイド用の部屋が付いているって、
結構衝撃的じゃないですか?
日本と文化の違いをひしひしと感じます。

マンションの契約形態

契約形態に関しては主に二つです。
一つはサービスアパートメントタイプ、
もう一つは普通の賃貸契約です。

サービスアパートメント契約

こちらはイメージ、ホテルのような感じ。
マンションの部屋をサービスを提供する会社が借り上げてて、
そこの部屋にお付きの清掃員が配備されてて、
週に二回とか三回とか清掃にきてくれます。

こちら普通の賃貸契約と比べると、
鞘を抜かれるところが多いので若干高くなってしまいますが、
日本人が借りるようなマンションは部屋を管理している会社は
日本語対応可能だったりもするので、
急なトラブルや部屋のメンテナンスもそこそこ行き渡ってることが多いとです。

賃貸契約 

こちらは普通の契約になります。
駐在で来ている場合は会社と部屋のオーナーが
直接契約を結ぶことになるのが一般的かと思います。

この契約形態において気をつけないといけないのは、
オーナーによって部屋の管理状況がまちまちということ。

結構信じられないのですが、
インドのマンション建てつけが異常に悪く、
高層マンションの高層階というチャンとしてそうなマンションであっても、
ドアがちゃんと閉まらなかったりします笑

上述のようにほんとオーナーによりけりで、
たとえ新築の部屋でも壁が剥がれてるとかエアコンがない(笑)とか、
日本では考えられない状況で引き渡されるケースがあるようですので、
日本の感覚でいると痛い目にあいます笑

家選びの際のオススメは?

冒険したい方やこだわりが強い方はやっぱり、
ご自身でお探しになるとこをお勧めしますが、
そうでなければ、
前任の家をそのまま引き継いだり、
過去日本人が住んでいたところに住んだりと、
日本人の匂いのする部屋がおススメです。

前任のと同じ部屋は嫌だ、
とかいう気持ちもわかりますが、
少なくとも前任はお湯がちゃんと出る
それなりの暮らしをしていたはず笑

特にこんなところでリスクを取らなくてもいいでしょう笑

家賃上昇

大体、どこの家も毎年家賃の上昇があると思います。
日本にいるとあんま感じないですが、
やっぱりこういうの体験すると発展中だなと思うわけです。
10%くらい年間であがるイメージです。
日本でこれやられると結構きついですよね。。

まとめ

快適な暮らしがしたければ
インド人の衝突は避けられないし
インド人の感性は信じてはダメです。
日本人の常識が通じないことがあります笑

コメント