【旅行者必見!】インドの配車アプリOla&Uber!

インド旅行
スポンサーリンク

IT大国インドを侮るなかれ

日本にお住まいのみなさんの中には
インドをまだどこか田舎の発展途上国だと
馬鹿にする向きありますよね。

もう世間的にみたらそんな皆さんが
発展途上の精神をもった大田舎野郎です。
インドは巷間騒がれるようにIT立国ともいうべき国。

未上場かつ時価総額が10億ドル超の
数々のユニコーン企業を擁すテクノロジー大国なのです。
そんな国では配車アプリの利用は当たり前です。
(日本ではどんな状況でしょうか?)
スマホでサクッとタクシー呼んで、
サクッと目的地について紳士のように女性をエスコートし、
スマートに会計を済ませる。

それがデリーに住む、ヤングでハイソなお兄ちゃんたちの実態なのであります。

インドで使用できる配車アプリ

インドで使用できる配車アプリの有名どころは大きく二つです。
一つは皆さんおなじみUber
もう一つは地場のOla

この二つ両方ともユニコーン企業。
これ両方ソフトバンクグループが投資しているんですよね。
・・・・どんだけすげぇんだよ孫正義

もうわけわかんないよ。すごすぎて。
ソフトバンクって孫さんいなくなったら、どうなるんだろう。本当に。

ソフトバンク入りたい。
ちなみに孫正義さんの弟さんの孫泰三さんもインドで事業投資してます。
本当に日本企業もインドにもっと目を向けた方がいい。
頑張れ、うちの会社!

Uberに関しては他国での展開もあり、
既にインドに来る前からアプリ登録済みです!
という方もいるのでは?と推測。
実際そのまま使えます!超便利。

アプリにクレジットカード登録していれば、
そのままパッと呼んで、飛び乗って、以上!みたいな感じ。

UBERの画面ね

一方Olaも基本的にはUberと同じ。
ただOlaの車しか見つからない地域、とかもあるので、
両方あると、備えあれば憂いなし状態です。

これがOla。楽しい。

先日友達がやっていて初めて知ったのですが
アプリとクレジットカードの紐付けは、
しなくても乗車できるとのこと。

降車時に現金を支払えばいいそうなのですが、
もし、クレカとの紐付けがいやであれば、
配車だけにしてもいいかもしれませんね!

Ola/Uberを使う事のメリット

価格交渉がいらない

インドといえば交渉です。交渉につぐ交渉です。

基本的にインド人はみんなだましてきます。
こういうのは日本人がのったら、まず交渉負けします。
そこでOlaやUberの出番です。

AutoもUberがあります!

このアプリで配車をすれば全然大丈夫。交渉なし!
で、最初にクレジット情報を登録しておけば、
現金を使う必要もなし!

値段が普通に安い!!!

交渉が不要なこともさることながら、
普通に配車するより圧倒的に安いです。

先日、
インドにきて1年9カ月目で初めて(!)
なぜか圧倒的な熱量をもって
インドに旅行に来てくれた友人がいたのですが、彼から
「空港からLalitホテルまで配車したいんだけど、このサイトの高い??」
と聞かれました。

高いぞ!日本語のサイト

僕自身はもう来た時からUber/Olaがあると刷り込まれていたので、
他のサイトで配車を予約するという脳がなかったのですが、
やはりこんな感じで日本語で予約できてしまうサイトだと

くっそ高いんですね。びっくりしました。
絶対ボリすぎ日本人、まぁ使う気持ちもわかりますけど。。

で、Uberをお勧めしましたが、結果300ルピー程度で、
空港からLalit Hotelまで行けたとのことで、
たぶん2000円近くsave出来てます。

言葉がいらない

配車アプリを使用された方はわかる思いますが、
車を配車するときに必ず目的地を入力します。
なので、日本でタクシー乗る時みたいに
乗ってから行先を伝える、という工程がないので、
とてもスムーズに目的地まで到着できます。

比較的安全(だと思う)

この配車アプリは乗車ごとにドライバーの評価を付けます。
なので、そのドライバーの評価を見れば、
ドライバーが安全かどうか?というのは大体判断がつくわけです。

またアプリには”Emergency”ボタンが据え付けられており、
乗車中に万一のことが起こった際にも
外部に異変を知らせることができます。
たぶん、その辺の白タクよりはよっぽど安全かと思います。

嫁は毎日仕事場からの帰りにUberを使ってますが、
1年間使用してまだ無事に生きてます。

Uber/Olaのダメなとこ気を付けるべきこと

何言っているか聞き取れないので待ち合わせに苦労するかも。。

Uberのいいところと矛盾してしまいますが、、
これはUber/Olaがダメ、というよりは
インド人の言語が非常に聞き取りにくい、
というのと
インドの電話の状況が悪いことに起因します。
インド人の中にはヒンディしかしゃべれない人もいますし、
まじで何言っているか不明な英語を繰り出す人も沢山います。

加えて電話の環境も悪いのでとぎれとぎれ。
一体、何を言われているのか全然わからない、
ということもあります。

ですが、
空港などUber/Ola Spotが決まっているところであれば、
問題ないのでそういう大きな場所ではより簡単に乗れる、
と言えるかもしれませんね。

デリー空港はこんな感じでスタンドがあります

乗る側も見られている

ドライバーがイケている人か?をこちらが判断するのと同様に
ドライバー側も我々がどんな客か?を毎回判断しているようです。

愛想が悪いとかドアの開閉音がうるさい、
とかそういう理由で点数下がります。(知らなかった!)

事実、自分のUberの評価は3.8、嫁の評価は4.8。
ちょっと前までは3.5くらいだったのが、
3.8まで上がったので大きな進歩です!
たぶん3.5って、車内で糞尿をまき散らす人間レベルです。

そこそこ



で、嫁は嫁で自分の評価をあげるために、
挨拶をちゃんとしたりとかドアを静かにしめたりとか、
みたいなことを意識していると笑

結構、インド在の日本人女性の間ではUberの評価をあげるという遊び
流行っているみたいです笑

まとめ

本当に世の中が便利になっているのを痛感します、
Uber/Ola・・・どうなるんだろう。
あとソフトバンク両者に投資していいのだろうか・・

将来的な統合を目論んでいるのでしょうかね?
普通にソフトバンク入りたい!

コメント