【USCPA】ワシントン州ライセンス取得! & 名刺記載方法

USCPA
スポンサーリンク

USCPAのライセンス取得しました!

ついにライセンス取得しました!

USCPAの合格後、
3年くらいまでは追加の勉強なしに
ライセンスの申請が可能なようですが、
今回5月に東京に帰任することが決まり、
東京で作る名刺にUSCPAの名前を載せるべく、
ライセンスの申請をしました。

対応のめちゃめちゃ良い WA BOARD of ACCOUNT

倫理試験等の受験後、
1月18日にライセンスの申請手続きを開始し、
最終的には3月4日にライセンスを取得しました。

今回学歴審査機関であるNIES→WA BOAへの書類が届いていなかったようで、
時間がかかってしまいましたが、
WA BOAのAnthonyさんという職員の方が丁寧に対応してくださり、
特段の大きなトラブルもなく申請にこぎつけられました。
どうやらNIES内に知り合いがいるようで直接やり取りしてくれたようです。
日本人が直接NIESとやるよりは絶対スムーズに処理された、と思います。

NASBAのコミュニケーションがかなり機械的で今回も
そういう手続き関連で苦労するだろうな、、、
と思う中でのこの思わぬ巡り合わせでした。

皆さんも書類の未達などのアクシデントにあうかもしれませんが、
その時はぜひBOAの職員さんを頼ってみてはいかがでしょうか?

というわけで、ライセンスゲット!

ライセンス

こんな感じのライセンスがGetできます。
多分、実家にはライセンスの現物が到着しているものと思います。
早く手に入れたい。

名刺への記載方法は?

肝心の名刺への記載方法なのですが、こちらTACに確認してみました。
すると下記とのこと。
ただ、実際に使用される場合は、下記を鵜呑みにせずご自身でご確認くださいね。
私は日本の名刺には米国公認会計士、英語の名刺にはCPAとすることにしました。

◆記載ルール・USCPAライセンスホルダーであること
・CPAと記載してもいいし、ライセンス取得州を入れてもいい
・日本語で記載する場合の記載ルールは定義されていない

◆記載例
・米国人は単にCPAと記載することが多い
・日本人は、日本の会計士との誤認防止のためにUSCPAと記載することが多い
・単にUSCPAと記載してもいいし、ライセンス取得州を入れてもいい
・日本語で記載する場合の記載ルールは定義されていないが「米国公認会計士」と記載する場合が多い。

これから、、

さてさて、これからCPE(継続教育制度)が始まります。
3年間で所定の単位を取らないといけないとライセンスが更新できません。
頑張らねば。。

コメント