【ボードゲーム同好会長推薦】急な大人数にも対応出来る『お邪魔者』

ボードゲーム
スポンサーリンク

増え続ける!ボードゲーム同好会員

インドボードゲーム同好会といえば、
もうインドの若手のなかで一大勢力でおなじみですが、
人が増えすぎてしまうと
なかなか楽しめるゲームがないのが悩み。
嬉しい悩みではあるのですが、
これはジレンマではありますよね。

ただ、そんなジレンマを解消できるのがこの「お邪魔者」。

今回のボードゲーム同好会も人数が増えすぎてしまい、
会長よりボードゲームに詳しいでおなじみのトイレ屋の青年に、
「何かいいの調達お願い。」
と無茶振りしたところ、
持ってきてくれたのがこのゲーム。

ボードゲーム お邪魔者 (日本語版)
メビウスゲームズ/すごろくや

「お邪魔者」はどんなゲーム??

ルール

ルールはシンプル(紹介するやつ大体シンプル)

プレイヤーが炭坑夫チームとお邪魔者チームに分かれて、
炭坑夫は宝を掘り当てたら勝ち、
お邪魔者は炭坑夫の開拓を防いだら勝ち、
というもの。

シンプル!!

プレイヤーは道の書かれたカードを持ち、
スタート地点からその道を伸ばしてお宝地点まで到達します。
簡単に言えば、炭坑夫は道をゴールにつなげるように進め、
お邪魔者は行き止まりを作って、ゴールまで道を繋げないようにします。

このゲームのユニークなのは
最初は誰が炭坑夫で誰がお邪魔者かわからないこと。
お邪魔者も最初は炭坑夫のふりをして、
ここぞというときに炭坑夫の邪魔をするのです。
信頼と裏切りの織りなすハーモニーですね。

さてさて、この道を作るゲームって結構ありますよね、
かの有名なカルカソンヌもそう。

なんだろう、いけているボードゲームって、
大別したら3種類くらいにならないかな?

プレイヤー

最大10人まで可能。
個人的には
4人ならカタン

5人ならゲシェンク


6人ならハゲタカのえじき



それ以上ならこのお邪魔者って感じでしょうかね。

所要時間

1ゲームは20-30分くらいで終了!
これも結構サクサクできていいです。
というより、サクサクできないゲームはNG

「お邪魔者」のおすすめポイント

ルールが簡単

これ一番大事。直感でわかります。
枯山水をはじめとして
仕込みにに時間がかかるゲームってあるんですけど、
これは一瞬で説明も終わるし、
一瞬でルールを覚えられる。
裾野を広げるにはまどろっこしいことは抜きですね。

大人数でできる

重複しすぎなので、割愛します笑

モテる

大人数でできるゲームってあんまりないんですよね。
でもこのお邪魔者、最大10人までいけます。しゅごい。
さすがに10人いたら、男だけ、女だけ、
ということはないでしょう。

それに加え、チーム戦で戦うという一体感も生まれる。
もうこれ恋の芽生えしか感じられなくないですか?

総評

大人数許容度★★★★★
シンプルさ★★★★★
モテ度★★★★★

と、いうわけで今回も満点大推薦。
ぜひ、お邪魔者で恋の芽生えを感じてください!

ボードゲーム お邪魔者 (日本語版)
メビウスゲームズ/すごろくや



コメント