【インド旅行】駐在員も激推し世界遺産アジャンタ・エローラ

インド旅行
スポンサーリンク

アジャンタ・エローラといえば、駐在員の一番おすすめな旅行地!

駐在員に聞く観光地で
一番良かったという返答が多く返ってくるのが、
このアジャンタ・エローラです!

こちらアジャンタとエローラという
二つの遺跡になるのですが、
地理的に近しい場所にあり、
一緒に回る人が多いので
アジャンタ・エローラと
ひとくくりにされてます。

この両者はデリーから
飛行機で1時間ちょいのところにある
オーランガバードという空港から
車での移動となります。

ちなみにアジャンタという地名で
ピンとくるカレー好きの方も
いらっしゃるかと思います。

そうです。
四谷の名店アジャンタ
ここの店に由来してます笑

まぁこのアジャンタ遺跡には
別にカレー感は微塵もないですが、
是非聖地訪問されたい方はこの記事を読んで
予習いただけると幸いです笑


デリーから土日でいけるアジャンタ・エローラ

アジャンタ・エローラって
結構遠いところにあるので、
駐在員の方でも三連休じゃないと厳しいよな~、
と思われている方も
多いかもしれません。

が、インドにいれば、
三連休あれば国内ではなく、
国外に出たくなるのが人情笑

三連休を
アジャンタ・エローラには使えない、、、
なんていう声も少なからず
聞こえてきます(幻聴)

このインド駐在で学んだこととしては、
とりあえず弾丸で頑張ればなんとかなる、
ということ笑

頑張れば土日で行けます!
正確には金曜夜から土日でいけます!
具体的にはデリー発のこの便です!

土曜早朝 9W313 2:15→6:20 ムンバイで飛行機内で一時待機
日曜夜 AI442 17:20→19:10 non stop!

ほらね、土日で行けるでしょ?
しかも夜もそんなに遅くない時間に帰ってこれる。

というわけで、
是非頑張って
土日アジャンタ・エローラ
決めてみてください。

初日はアジャンタ遺跡!

というわけで、
我々は初日にアジャンタに行きました。

なぜならアジャンタは空港から遠い。
し、オーランガバード空港に
着くタイミングが朝なので、
朝の睡眠時間兼移動時間にしてしまえば
一石二鳥と考えました。

空港→アジャンタまでの移動は
我々の移動ではおなじみのSavaari

もう配車はここにしか頼んでません。
すごい楽だし。

移動で3時間くらいかかったかな??
で、出てきたアジャンタはこんな感じ!

自然感

結構大自然!
マイナスイオンで過ぎぃぃ!
デリーの汚い空気に
慣れ親しんでいる我々は

もうここの空気を吸っているだけで大大満足

(同行していた友人の一人は
おれは遺跡はきらいだ、、
とか愚痴ってましたが、
おまえなぜ来た笑)

遺跡も結構いい感じです!

ホントアジャンタって感じでした(謎)

あとここにきているインド人たちは
日本人をみると
一緒に写真を撮りたがります。

あくまで仮説ですが、
観光地に来ているインド人って
あまり外人に慣れていないから
興味津々で近づいてくるんでしょうかね?

で、2時間くらい見て、
オーランガバード空港周辺に帰還。
アジャンタはオーランガバードから東に移動して、
エローラはオーランガバードから
西に移動するイメージなので、

拠点はオーランガバードに置くと便利。
我々はインドの財閥
ITC系列のホテルに泊まりました!

インドのホテルは安い!
五つ星ホテルが一人一万円くらい
泊まれるなんて、、、
たぶん日本じゃありえないですよね。

ちなみに夜はボードゲーム笑
我々今回はインドボードゲーム同好会の合宿
という体で来てますので、
夜はひたすら頭脳戦です。

今回は日本からわざわざ運搬した
「枯山水」をやりました。

渋い

枯山水は非常にユニークで、
いかに粋な庭園をつくるか?
ということに主眼の置かれたゲームなのですが、
残念ながら周りの反対にあい、
あえなく、
一回やっただけで、
御蔵入りしてます笑

枯山水 新装版
ニューゲームズオーダー

二日目はエローラ遺跡!

エローラといいながら別に
エロい遺跡ではないです。
オーランガバードから
こちらは東に30kmくらいでしょうか。

アジャンタに比べてだいぶ近い!
で、肝心の遺跡はこんな感じ!

エローラ

イイ!

言葉が正しいかわかりませんが、
一つ一つの遺跡が綺麗にまとまっている感じで、
遺跡に神経を集中できます。

アジャンタで文句を言っていた友人も
こちらに関してはなかなか
ご満悦な様子でした笑

ただ、結構城内が広いので
夏の昼間は要注意!

水をたくさんお持ちになると
良いかと思います!

というわけで

是非、土日を有効活用して
アジャンタ・エローラご訪問くださいませ!

もし時間がなければ
エローラだけでもいいかもですね笑

(なんかインド国内の観光地って
時間かけて移動しても、
それに見合った感動を得られることが
少ない気がする笑)

コメント