ACCA

ACCA(英国勅許公認会計士)という資格

とりあえず、それっぽいので目指しております。暇だし。【⇒一旦撤退】

ACCAという日本ではマイナーな会計資格をご存じでしょうか?

ACCAはAssociation of Chartered Certified Accountant の略でしてざっくりイギリスの公認会計士の資格です。

この資格日本語では英国勅許公認会計士というのですが、1974年にイギリスの王室が認めている資格です。
欧州といえばIFRSというイメージもあるかと思いますが、ACCAではIFRSを体系的に学べるというのも非常にうれしい点です。

日本において、この資格はUSCPAと比較されがちです。
USCPAが4科目の試験であるのに対して、ACCAは13科目の試験です。

現在FR(Financial Reporting)/SBR(Strategic Business Reporting)という財務会計の科目に格闘中ですが、
感覚的にはUSCPAのFARより断然難しいと思います。特に
・連結決算について、かなりの確率で試験で問われる点
・会計基準の適用について記述で回答させられる点
がUSCPAとの大きな違いだと思います。

合格基準は50点以上で、試験問題に配点が記載されているため、できる問題をクリアしていき部分点を追加していくことが肝要となる試験です。

相対評価で75点以上を取る必要のあるUSCPAよりは得点計算がしやすそうではありますが、問題自体はheavyであり、なかなかに大変そうな試験ではあります。

とりあえず、SBRという財務諸表系の一番難しい試験範囲をざざっと終了したのですが、例えば連結会計における段階取得Step Acquistionの話など、当時実務でなんとなく(←)処理していた取引等を改めて理解する機会を得ることができたのは非常に良い経験でした。受からないとあんまり意味ないですが、、、

というかUSCPAはもっと連結会計に試験を寄せていくべきだと思います笑

【追記】暇だから受かる試験ではなかったことを報告させていただきます(笑)

USCPAを持っていると8科目/13科目免除

そんな13科目も合格しないといけないACCAですが、USCPAを保有しているとなんと8科目の免除が受けられてしまうのです。

お得すぎる。また、残念ですがJCPAはたったの3科目しか免除を認められていないらしいです。絶対Jの方が大変なのにね。

ということで、とりあえず、今ACCAのstatusは8科目合格ということになっています。

この8科目のexemptionをapplyするのにはお金がかかります、、、

どこの世界も金次第という感じですね。。

正直、USCPAがあるので、ACCAをダブルで取得する意義はそこまで多く感じないというのも確かなのですが、
下記の理由で取得を検討しております。
・ACCAがIFRSに特化した資格である点
・ACCAはアフリカや中国等とも互換性がある点
・ACCAを取得すると欧州大学院の修士号が最短半年でとれる点←これマジすごい気がする

ということで頑張って、ACCA→修士号を取ることを一応の目標としております。

【追記】ロンドン大学修士号はACCAは不要!USCPAだけでとれるようになりました!



とはいえ、
・日本における知名度が高い点
・予備校がしっかりしている点

で、個人的には、まずUSCPAの受験をおススメします。

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

現時点での費用

とりあえず、現時点での費用は下記になります。
・8科目分 Exemption 130,000円
・ACCA Student登録費 15,000円
・FR/SBR Test費用 48,000円
・FR/SBR テキスト/問題集費用 10,000円
ということで、途中であきらめるには惜しい費用となってきています。修士号欲しい。


ちなみにテキスト/問題集はBPPというところのTextと問題集Kitを購入してます。

ACCAの勉強をするにあたっては最初からBPPのテキストなどを使うのではなく、最初はopen tuitionというフリーのサイトで大枠をつかみのちに網羅的に記載のあるBPPに移行しました。

このopen tuitionはフリーのサイトでありながら非常に優秀なので、興味のある方はぜひ見てください!



また、このBPPのサイトweb textと本のどちらも選べるのですがweb版を選ぶ場合は、使い勝手が非常に悪いので、ぜひIpadを活用した勉強を行うことを強くお勧めいたします。

ちなみにACCAをこの記事では紹介しましたが、上でも述べた通り、日本での受験しやすさを考えると、まずはUSCPAを検討することもお勧めします。USCPAは自分のしてきた投資の中で最も効率の良いものでした。(ACCAは落ちてしまったので。。笑)
興味があれば、是非下記から資料請求してみてください。無料なので!笑

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

-ACCA