2010年4月26日@京都

旅行総合
スポンサーリンク

何者にもなれない自分に焦りながら

文章が残っているのは非常にいいことです。
振り返ることができる。あのとき何を考えていたか。
どんなものを見ていたのか。どんなものを見ていたのか。

手元を見返すと、過去の軌跡が残っています。
当時はこうでもしないと自分が自分で亡くなってしまうような感覚に囚われていた大学時代。
今考えるとありきたりだけど、自転車で日本1周をしました。

日本一周自体は一回でやったわけではないのだけど、
その一番長い時間をかけて行った時(100日くらい)の手帳が出てきたので、
当時の記憶を思い出しながら少しずつ、綴っていきたいなぁと思います。

今読み返せば非常に気障な文章もあるかとは思うのですが、
当時の自分が何を考えていたのか、自分自身でも知りたい、
と今切に思っています。


と、いうわけで、勝手ながら自転車日本一周編(東日本+北海道)を綴っていきたいと思います。

ただ、残念ながら写真が残っていない。Mixiを消してしまったので。
写真は拾いものを適宜使いながら更新できればと思います。

旅の装備

旅の装備に関しては忘れてしまいました。
ただ覚えているのはGreat Journey3と言うGiantのチャリに乗っていたこと。
当時住んでいた家のすぐそばにある自転車屋で売っていて、
定価10万円が型落ちで6.5万円で売っていたのでそれを買いました。

それまでも数回自転車で旅行していたのですが、
使用していた自転車はママチャリに毛の生えた自転車。
本格的な自転車はこれほどまでに使いやすいのか?と感動を覚えたものです。

テントはなし。寝袋のみ。
野か普通に漫画喫茶とかで寝泊まりしてました。
今思い返せば本当にテントを買っておけばよかったと後悔してます。
後悔先にたたず。貧乏暇なし。安物買いの銭失い。灯台もと暗し。

こんなやつでした


コメント